エネファームと発電効率

エネファームで最も発電効率が高いと言われているのは、固体酸化物形燃料電池、つまりSOFCと呼ばれるタイプです。

これは最新型でもありますが、各種の燃料電池の中でも最も高く、また各メーカーが生産設備の拡充として集中させようとしているのもこのタイプのエネファームです。

また最近は東京ガス、パナソニックの両社が世界最高レベルの発電効率を打ち出したのも、新型の第二世代、つまりSOFCタイプです。

開発と製造はパナソニック、価格のほうはやはり高めで、270万円ほどのようです。

エネファームは都市ガスを使用して水素を取り出し、空気中にある酸素との反応により発電を維持することができます。

新型のタイプでは、従来のモデルよりも発電効率が3パーセントアップし、またこれはスタックと呼ばれる発電装置の効率を向上させた結果とのことです。

エネファームの技術革新はかなり伸びています

しかし、多くの方が懸念しているのが、コスト面です。

今後はユーザ1人あたりで100万円以下の導入コストに抑える、という動きが本格化してくるとも言われています。

このためにはやはり普及の伸びが不可欠かもしれません。

また2009年から開始したエネファームですが、普及の速度はかなり早いとも言われています。

ocnでウイルスバスターを解約

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと体験

エネファームを導入してみようか、という場合に理想なのが、エネファームを実際に体験できることでしょう。

またエネファーム発売開始当時には、ガス会社が展示場などで体験コースを開いているところが多かったようです。

東京ガスの店舗でもエネファームの説明や概要の展示などから実際の稼動の様子などを体験できるところがありました

エネファームの実機を見学したり、稼動の様子、液晶の表示など、幅広いポイントを抑えておくことは、新築の家の壁紙をチェックするのと同じレベル、あるいはそれ以上に感心が深い、という方も多いようです。

エネファームの動作概念やエコへの貢献の仕方、また太陽光発電を代表とした他のエコシステムとの併用方法などについては、ガス会社のオフィシャルサイトでもかなり濃い内容を体験することができるようです。

WEBでは標準と言われるフラッシュを使用した紙芝居タイプのものも多くあります。

エネファームが今後もっと普及を広げていくためには、コージェネに詳しくないような方でも簡単にその概要を捉えることができるような情報源が必要です。

ガスと電気を作る、また系統電力の使われ方など、一概にはやはり捉えがたいものですので、より簡単にイメージできることが鍵と言えるでしょう。

eo光、パソコン買い替え時の設定について

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと最新

ガスから水素を取り出し、発電して家庭内の電力源が出来上がる、いわゆるコージェネとも呼ばれるエネファームには、次々と最新のテクノロジーが搭載され、IT関連のニュースよりも幅広い情報ニーズを生んでいるといわれています。

最近のエネファームで注目されるのが、自立運転機能を搭載した最新型のタイプです。

例えばエネファームが発電している間であれば、停電したとしても運転が継続できる、というものですが、給湯についても自動で運転を継続することが可能です。

これは自立タイプの切替ボックスを併用することで実現できる、と言われています。

テレビ、パソコンやネットワーク設備、またエアコンや床暖房なども専用コンセントを使用することでまかなうことができるのですから、計画停電などではもってこいの実力派の最新テクノロジーとも言えるでしょう。

またこの設備は既存のエネファームにも増設することが可能なようです。

しかし価格はちょっと高めに思えます。

また設置スペースも大きくなるようです。

計画停電が1回としてこの価格、というようなネガティブな感想を漏らす方も少なくないようです。

もちろんコスト面の革新的な技術、流通の確保や生産設備への投資を期待している、という方も多いようです。

風水と洋服ダンス

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと業務用

燃料電池には家庭用燃料電池、つまりエネファームや、工場や事務所、店舗などで使用される業務用のものもあります

家庭、そして業務用の燃料電池に排熱回収のテクノロジーを組み合わたコージェネレーションとしてのシステムが次々に開発されています。

また家庭用として実用化されているエネファームは、業務用などでのガスエンジンによる給湯器と同じように、電気とお湯を同時に作り出すことができます

またエネファームが停止し、かつ最大電力量を上回っている場合は系統電力をそのまま引き継ぐことが可能です。

また学習機能もあり、お湯が少なければ貯湯タンクにお湯を蓄え、またお湯が足りなくなればバックアップ用にエコジョーズなどを使用してお湯をすぐに使用することができます

つまりお湯切れという現象が起こらないのもエネファームの大きな魅力と言えます。

日本では国のレベルでこの燃料電池の普及に力を注いでいると言われています。

家庭部門については2009年から販売されているエネファームは、2030年までの目標数が250万台とのことですが、やはりコスト面の充実が条件のようです。

当初は2015年までには50万円で導入に踏み切るとの予想もありました。

レアジョブの支払い方法について

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームとマンション設置

ガスで発電と給湯をまかなえる、家庭でメインのエネルギーを取りまとめ、かつエコにも大きく貢献できることで話題のエネファームですが、最近は太陽光発電とのダブル発電を推進するハウスメーカーも多いようです。

またハウスメーカーといえば新築戸建てがイメージされますが、エネファームはマンション設置は可能なのでしょうか?

実際、エネファームはマンション設置はできないというメーカーがほとんどのようです

また既存タイプのマンション設置は不可能にせよ、新築の分譲マンションとしてエネファームを標準搭載したものが多くなっています

またこれらは太陽光発電とのダブル、というケースがほとんどです。

全戸にエネファームを搭載し、また屋上には太陽光発電システム、というように、各世帯が同じようにエコを実現でき、CO2削減にも貢献できる、電力自給率のきわめて高い建物です。

マンションですから高層であればあるほど太陽光発電の利点は大きいでしょう。

しかしエネファームとなるとその費用はちょっと考え物、という方が多いですので、マンションメーカーも分譲価格についてはなかなか迷うところ、と言えそうです。

メンテナンス等についてはより利便性が高そうですが。

ipad2でテザリング用に脱獄

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームとガス消費量

果たしてエネファームは得なのか、ということを考える場合、やはりガス消費量がポイントになると思います。

エネファームの起動のためには商用電力が必要ですが、その量はガスと比べたら微々たるものです。

ガス消費量は夏場には1.5倍程度になるのが一般的のようです。

また冬場になると床暖房を使用できますので、10パーセント前後の増加、つまり1.1倍程度が目安と言われています。

もちろんどちらの場合もガス消費量は上昇しますが、冬場は1.0に近い数値ですので、このあたりの見極めによって導入のポイントが変わってくると思います。

ではガス消費量に対して電気の発電量は、といえば、エネファームによる発電量として、一般的に1万円弱分ぐらい、と考えるのが妥当です。

総じてガス代は1.5倍に増えていて、額としては1000円程度の上増しとして、電気代はそれよりも多く自家発電していますから、収支はプラスに向いているということになります。

しかしこれにエネファームの導入費用を追加して評価するのはあまり楽しいものではありません

やはりランニングコストの削減には貢献できても、、という方は多いようです。

今後のコスト削減、生産コストの縮小に期待したいところです。

断熱材施工器具とダウンライトLED電球

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと2世帯

エネファームを2世帯住宅で使用する、という場合は、太陽光発電システムとの併用を考えるケースが多いようです。

つまり太陽光発電で作った電気とエネファームによる熱を2世帯の間で使用して、光熱費をほぼゼロにできる、またCO2排出についてもかなり効果が望める、というアイディアに基づいたものですが、この場合に難しいのは、やはり世帯間での融通の方法です。

各世帯の電気、そして給湯の使用量に併せて配分するということは、エネファームで作った熱を効率よく2世帯に供給しなければなりません

この場合、1つの世帯についてはエネファームからの給湯を利用させ、またもう1つの世帯についてはエネファームからのお湯をエコジョーズを使用して供給する、というのが一般的な利用法のようです。

また費用については2世帯ですから半分ずつ、という感じで安くなりそうなイメージが強くなりますが、メーカーが違ってくる場合もありますし、コスト全体はやはり高めと考えて間違いないでしょう。

例えばエコキュートと太陽光発電のほうが経費削減の効果は高いと思いますし、太陽光発電が大体4KW程度で250万円ですから、現状のエネファームのコストを足すと、この倍以上になるのは必須です。

アート引越しセンターの色テープ活用法

カテゴリー: 比較・検討 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと日石

家庭用燃料電池、エネファームのメーカーといえば、東芝やパナソニックなどが有名ですが、エネルギー関連で主要なシェアを持つメーカーとしてはJX日鉱日石エネルギーがあります。

また日石でも燃料電池、エネファームのラインアップが豊富です。

最近ではSOFCタイプへラインアップを一本化したと言うニュースがありました。

エネファームは都市ガスやプロパンガスを使用して発電と給湯をまかなうことができる、いわゆるコジェネレーションシステムです。

日石では2009年にPEFCと呼ばれる固体高分子形燃料電池を発売しています。

これは家庭のお湯の需要量に応じて自動で運転が可能なシステムですが、これよりも発電量が多く、連続運転が可能なSOFCタイプを開発し、これまでは両方のラインアップをリリースしていました。

また最近はSOFCタイプの需要が高まったこと、またエネファームのコスト低減のためのシステムの構築などを理由にSOFCに一本化したという背景があるようです。

多くのメーカーが推奨するエネファームと太陽光発電を併せたいわゆるダブル発電についても日石は推進ムードが高いようです。

今後のコストパフォーマンスがどのようになるか、注目したいところです。

カテゴリー: メーカー | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと大和ハウス

エネファームを推進しているハウスメーカーといえば、例えば大阪ガスと提携しているメーカーとして、朝日化成ホームズや近鉄不動産、住友林業や積水ハウス、大和ハウスやミサワホームなどがありますが、ガス会社の展示場でも住宅メーカーのエネファームを実物として確認することができるようです。

またハウスメーカーでは新築ばかりでなくリフォームも扱っているところが多くあります

またハウスメーカーの見積もりの際には、営業マンの手腕も注目したいところですが、間取りや外観をすぐに図面に起こしたり、間取りを数多く提案する、というようなスムーズさに注目する方が多いようです。

もちろん技術力も大切です。

例えば大和ハウスでは、スマートハウスとして様々なエコプロジェクトを展開しているようですが、戸建住宅xevoという商品では、家庭用リチウムイオン蓄電池と独自開発のD-HEMS、そして太陽光発電システムを組み合わせ、ipadをモニターとして採用したりして、業界初の電力情報の見える化の発展モデルが話題になっています。

また大和ハウスではホームサーバーに接続できる装置をエネファームなどの機器にも広げるなど、スマートハウスの可能性をより一層進歩したものとして拡充していくそうです。

カテゴリー: メーカー | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

エネファームと企業

エネファームと太陽光発電を組み合わせたエコシステムといえば、積水ハウスのグリーンファーストプレミアム、という商品が有名なようです。

エネファームを推進しているハウスメーカー、企業が増えている中で、その中でも設置実績が高いと評判の積水ハウスですが、省エネ照明や断熱材などを効果的に組み合わせることで、年間で20万円以上の光熱費がおトクになる、という例もあるようです。

また積水ハウスは日本では始めてのエコ分譲マンションを建設したことでも知られています。

全戸にエネファームを設置し、またマンションの屋上には太陽光発電システムを搭載、これをダブル創エネ仕様とも呼ぶようですが、福岡市での着工ということで太陽光発電のメリットもかなり高いと言えるでしょう。

エネファーム関連の企業としては、積水ハウスの他にはベンダーとしてパナソニックや東芝燃料電池なども主用メーカーとして活躍しているようです。

またやはり新築でエコを、という場合は、ハウスメーカー系の企業に着目するのが有効でしょう。

積水ハウスでは補助金申請などの時間のかかる作業も代行しているようです。

やはり家を建てるのですから、よりスムーズな導入に観点を置くのが理想です。

カテゴリー: メーカー | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ