エネファームと非常時

エネファームは非常時でも使えるのか、つまり、停電時にも電気を家電に送り、メディアから情報を得たり、保温を維持したりできなければ意味がない、と考える方は多いようです。

実際、このことは難しいことです。

つまりエネファームは商用電力を使用しますので、非常時、停電時はストップしてしまいます

また最近になってこのことに不満を言われる方が増えていることもあってか、蓄電池のオプションシステムがリリースされています。

電力不足で計画停電があった、という場合も、系統電力から蓄電池に予め貯めておいた電気をエネファームに供給することができますので、電気、そして給湯についても継続して使用することができます

このシステムの特徴は、通常時には電力消費が少ない時間帯、電気代が安い時間帯に充電させることができ、また日中は放電させることで、電力のピークカットにも貢献できるそうです。

既設の場合も外付けが可能です。

しかしながらこのオプションとしての価格については、エネファームよりも若干安い、という程度、また重さもかなりあるようです。

ですのでエネファームの設置場所によっては設置できない可能性も出てきます

非常時として計画停電が何回あるだろう?これは不要でしょう、などという方も多いようです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: トラブル タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク