エネファームと日石

家庭用燃料電池、エネファームのメーカーといえば、東芝やパナソニックなどが有名ですが、エネルギー関連で主要なシェアを持つメーカーとしてはJX日鉱日石エネルギーがあります。

また日石でも燃料電池、エネファームのラインアップが豊富です。

最近ではSOFCタイプへラインアップを一本化したと言うニュースがありました。

エネファームは都市ガスやプロパンガスを使用して発電と給湯をまかなうことができる、いわゆるコジェネレーションシステムです。

日石では2009年にPEFCと呼ばれる固体高分子形燃料電池を発売しています。

これは家庭のお湯の需要量に応じて自動で運転が可能なシステムですが、これよりも発電量が多く、連続運転が可能なSOFCタイプを開発し、これまでは両方のラインアップをリリースしていました。

また最近はSOFCタイプの需要が高まったこと、またエネファームのコスト低減のためのシステムの構築などを理由にSOFCに一本化したという背景があるようです。

多くのメーカーが推奨するエネファームと太陽光発電を併せたいわゆるダブル発電についても日石は推進ムードが高いようです。

今後のコストパフォーマンスがどのようになるか、注目したいところです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: メーカー タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク