エネファームと水道代

エネファームを使用すれば、お風呂でもシャワーでも、また床暖房でもすべてのエネルギーを一括で使用することができますが、湯切れの心配が無いというメリットが大きいと考える方は多いようです。

これに対してエコキュートの場合は湯切れの可能性があります

学習機能がありますので、毎日湯量が同じという場合は問題ありませんが、学習した範囲を超えることは容易に考えられます。

またエネファームでは水道代はどうなるのでしょう?

たとえば床暖房を使用している場合は、ずっと新しい水道水が供給されるのではないか、と心配になる方もいらっしゃるようですが、実際は循環型の床暖房ですので、水道代がかさんで仕方が無い、ということにはなりません

やはり水道代よりもガス代です。

エネファームのタンクのユニットには補助としての熱源機が搭載されていますが、これは実際はエコジョーズと同じものです。

特にlpガスの場合は都市ガスよりも高くなりますので、電気代と水道代には問題がなくても、ガス代には要注意です。

太陽光発電と併用、つまりダブル発電する場合でも、給湯としてガス代は使います。

また灯油でも稼動できるエネファームがありますが、まだ製品としては出回っていないようです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 価格・費用 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク