エネファームと点検費用

エネファームのランニングコストのうち、定期的な点検にかかる費用はどれくらいなのでしょうか?

例えば空気フィルターや水の処理機構がありますが、これらは2年に1回程度は交換が必要です。

またセルスタックと呼ばれる部品についても4~5年目程度が目安のようですが、保障範囲であることが条件となりますが、すべて無償で行われるようです。

つまり定期点検費用もメンテナンス費用も無償です。

またリモコンには定期点検の目安が表示されます。

またメンテナンスをすれば耐久年数が延びますが、発電するための要の部位であるセルスタックについては、1回の交換で10年の耐久性があるそうです。

その他、燃料を処理する部分は10年程度メンテナンスしなくても問題ないそうです。

エネファームの点検費用が気になる方は多くいらっしゃいますが、やはり初期費用が割高ですので、仕方のないことでしょう。

普及が進んでいるとはいえ、10年も使用したという例はまだありません

太陽光発電などでも同じですが、高いものほど点検費用は気になるものです

今後はもっとコストパフォーマンスが高くなってくるようですが、どれくらいのレベルで安くなるのか、ということについてはエネファームメーカーの目標値を見ることができる程度です。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 価格・費用 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク