エネファームと補助金の終了

エネファーム導入といえば、やはり気になるのが補助金ですが、国の補助金もあれば、自治体からも出るケースが多いようです。

ではどれくらいの募集があって、どれくらいの倍率になるのか、倍率という言葉は当てはまりませんが、とにかくどれくらい急ぐべきなのかも知っておかなければなりませんが、国からの補助金については、募集開始から約2ヶ月程度で半分程度が見積もられる状況のようです。

つまり1月までの募集期間がありますが、それよりかなり早く終了する可能性が高い、と見ることができます。

2012年になるとかなり申し込みのペースが早くなり、早期の予算上限達成、つまり終了は確実のようです。

最後の日には抽選になりますし、その時点で購入を取りやめ、ということも十分に考えられます

準備が整っているのに終了、ということにはなりたくないものですが、燃料電池普及促進協会では、エネファームの申込書受理台数、そして補助金予算進捗率を毎週更新しているそうです

あとどれくらい予算が残っているのか、また申し込みのペースはどれくらいなのか、など、多くの方がチェックしている状況のようですので、補助金が終了してからエネファームを、と考えている方も多いようです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 価格・費用 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク