エネファームとlpガス代

エネファームは電気を少しずつ消費してお湯を作ります

またlpガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応を起こすことで発電することができます。

このことで電気代は自家発電によってまかなうことができますが、lpガス代は逆に高くなります

またガス会社では割引料金を設定しているところがほとんどです。

lpガス代も安くなり、また商用電力はエネファームの起動時程度の消費ですから、やはり光熱費削減のためには欠かせないエコ環境であると言えるでしょう。

エネファームは太陽光発電と併用することでこのメリットをより高いものにすることが可能です。

つまりガスとの併用として、電気代は太陽光発電を使用するのですが、lpガス代を含めても光熱費はほとんどマイナス、というところが多いようです。

マイナスというのは、太陽光発電によって売電ができるわけですから、現実的にはプラスの収入を得ることが可能になります。

日照量が多ければ多いほど、労働無しの収入が増えるというわけです。

停電時の対応なども考慮しなければなりませんが、今後の蓄電システムなどの技術の進歩によってさらに使いやすいシステムが増えてくるでしょう。

停電時でも停止しないエネファーム用のシステムはすでに発売されています

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 価格・費用 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク