エネファームとメンテナンス

エネファーム導入について気になる大きなポイントが、やはりメンテナンスです。

保証の長さと無償サービスの内容についてを知らなければ、やはり導入後の不安は解消することは不可能でしょう。

実際にはどのような内容になるかというと、都市部のガス会社の場合は約10年間はメンテナンスがフルでサポートされる、と言われています。

つまり耐用年数が短い部品も無償交換となりますし、突然の自然故障が起こった場合も無償で点検、修理が行われることになります。

また10年を超えてしまうと、費用は有償となるわけですが、この時期までどれくらいの安定性を維持できるか、というのも導入の目安であると考えられます。

エネファームは定期点検が近づくとリモコンにもアラームが表示されるというとても賢い機能を搭載しています。

またもし点検を忘れた場合も、発電のほうを停止して、給湯や暖房だけが使用できるようになるようです。

エネファームを故意や過失で故障させた場合や、またガス会社でも予期できない天災が起こった場合も残念ながらフルメンテナンスからは外されます

自分で簡単にメンテナンスできる、というものでは決してありませんので、やはり普及が進むのを待っている、という方も多いようです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク