エネファームと工事

エネファームの工事に必要なのは、まずその前段階として見積もりやシミュレーションなどが大切です。

その後は契約をして、設置日を決定します。

契約の条件としては、ガス会社の提供するガスの提供エリアであること、また1階の屋外に自己が所有する設置スペースを確保できること、また植栽などについても自分で移設などが可能であること、工事の際の撤去や設置に伴う搬出入用の経路を安全に維持することができること、そして井戸などではなく水道水が利用できること、などが主な内容です。

実際の工事では設置工事と、電気工事、つまり系統連携の作業が必要です。

分電盤は家庭用燃料電池、つまりエネファーム対応のものを使用し、基礎の強度も大切です。

基礎ボルトなどで固定をし、各ユニットのドレンやタンクなどの水抜き用の排水設備を確保した上で、エネファームを設置することができるようになります。

また燃料電池ユニットと貯湯ユニットを結ぶための配管の延長には限りがあります

そして騒音対策も必要です。

現状エネファームは発火の際の微弱な音が出る程度と言われていますが、これまでにも騒音の対策が不十分であることが原因となるような問題が起こった例は少なくありません

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク