エネファームと定期点検

エネファームのメンテナンスの要は、やはり定期点検です。

またこのサービスについては、ほとんどのガス会社がフルメンテナンスとして実施していますが、2年ごとに定期点検を行い、その際には消耗品の交換も行われます

またエネファームの定期点検は10年間は無償となりますが、その後は有償での点検に切り替わります

10年間は非常時、つまり何らかの故障が発生した場合も無償ですが、それ以降も安全に使用するためには、最低でも2年に1度の有償点検が必要になるのです。

10年で元を取れるかというと、他のエコ機器のようには簡単にはいかない、とよく言われるエネファームですので、このあたりが導入のネックになる、という方も多いようです。

またメーカー保証については、発電時間が4万時間、あるいは発電回数が4千回のいずれかの条件が早く満たされた時点で切れてしまいます

これは東京ガスの例ですが、使用している方のほとんどは10年未満、また長くて8年がいいところ、と言うケースがほとんどです。

導入時は10年ということで安心していたのに、という方も多いようです。

つまり納得いかない、という方も多く、光熱費も電気とガスを合わせてみたらどうにも納得いかない、などとなるケースも少なくありません。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク