エネファームと業務用

燃料電池には家庭用燃料電池、つまりエネファームや、工場や事務所、店舗などで使用される業務用のものもあります

家庭、そして業務用の燃料電池に排熱回収のテクノロジーを組み合わたコージェネレーションとしてのシステムが次々に開発されています。

また家庭用として実用化されているエネファームは、業務用などでのガスエンジンによる給湯器と同じように、電気とお湯を同時に作り出すことができます

またエネファームが停止し、かつ最大電力量を上回っている場合は系統電力をそのまま引き継ぐことが可能です。

また学習機能もあり、お湯が少なければ貯湯タンクにお湯を蓄え、またお湯が足りなくなればバックアップ用にエコジョーズなどを使用してお湯をすぐに使用することができます

つまりお湯切れという現象が起こらないのもエネファームの大きな魅力と言えます。

日本では国のレベルでこの燃料電池の普及に力を注いでいると言われています。

家庭部門については2009年から販売されているエネファームは、2030年までの目標数が250万台とのことですが、やはりコスト面の充実が条件のようです。

当初は2015年までには50万円で導入に踏み切るとの予想もありました。

レアジョブの支払い方法について

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 比較・検討 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク