エネファームと最新

ガスから水素を取り出し、発電して家庭内の電力源が出来上がる、いわゆるコージェネとも呼ばれるエネファームには、次々と最新のテクノロジーが搭載され、IT関連のニュースよりも幅広い情報ニーズを生んでいるといわれています。

最近のエネファームで注目されるのが、自立運転機能を搭載した最新型のタイプです。

例えばエネファームが発電している間であれば、停電したとしても運転が継続できる、というものですが、給湯についても自動で運転を継続することが可能です。

これは自立タイプの切替ボックスを併用することで実現できる、と言われています。

テレビ、パソコンやネットワーク設備、またエアコンや床暖房なども専用コンセントを使用することでまかなうことができるのですから、計画停電などではもってこいの実力派の最新テクノロジーとも言えるでしょう。

またこの設備は既存のエネファームにも増設することが可能なようです。

しかし価格はちょっと高めに思えます。

また設置スペースも大きくなるようです。

計画停電が1回としてこの価格、というようなネガティブな感想を漏らす方も少なくないようです。

もちろんコスト面の革新的な技術、流通の確保や生産設備への投資を期待している、という方も多いようです。

風水と洋服ダンス

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 比較・検討 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク